片付けられない捨てられない人必見!モノが多い部屋の簡単な整理方法!

コンサルティング型片付けアドバイザー 宇田川路代趣味・暮らし

片付けが出来ない。家にモノが多すぎる。断捨離ができない・・・

そんなあなたにコンサルティング型片付けアドバイザーの宇田川がアドバイスいたします。

実はちょっとしたコツで、誰でも簡単に家の片付けが出来るようになります。

これを読めば目からウロコ!
片付けが楽しくなりますよ。

 

片付けがうまくいかない理由

片付けがうまくいかない理由
「片付けなきゃと思ってはいるのよ~」
「捨てればいいのはわかっているんだけどね~」
と一向に進まないあなた!

どうしてできないのでしょう?

片付け苦手だから?
意思が弱いから?
ダメな私だから?

違います!
やろうとしている方法が、あなたに合っていないからです。

なかなかモノを捨てられない人は、無理に捨てようとしてもうまくいきません。

じつは「捨てられない」ということは、
「捨てたくない」ということ、すなわち「やりたくないこと」なんです。

気が付かないうちに、これがあなたに心理的なブレーキをかけています。

まずはこの心理的ブレーキを外しましょう。

 

捨てなくていい片付け方法

捨てなくていい片付け方法
私はクライアントさんのお宅に伺って、その方に合った片付けかたをプランしています。
その時に大切にしているのは、初めに何をするか?

一番パワーがいる初めの一歩で「やりたくないこと」は、どう頑張ってもできないです。
なので、やりたくないことはやらなくていいです。
片付けは「捨てる」から始めなくても、他にも方法はあるのです。

 
捨てるかどうかの2択には決断が必要です。
モノが多くてストレスに感じているときは、決断力もいつもより落ちています。

そんな時に、人の基準や本に書いてあることに無理に合わせて処分すると、後悔します。

後悔した経験は、さらに片づける勇気を奪います。

なので、捨てたくないなら捨てなきゃいいんです。

もう一度言いますね、
捨てられないのは、じつは捨てたくないという事なのです。

 

物が多くて片付けられないのはウソ?

物が多くて片付けられないのはウソ?
「そうは言っても、捨てないと片付かないでしょ」と思いました?

では、一緒にまずは頭の中を、整理整頓しましょう。

やりたいことは、今困っていることを解決することです。
捨てられない自分を変えることではありません。

「モノが多くて捨てなきゃ片付かない」と感じている人は、探し物が多い、必要なものが見つからず無駄買いをしてしまう、ごちゃごちゃした景色がイヤだ。などのストレスを抱えていることが多いです。
目指すのは、

・探し物をしなくていいしまいかた
・必要なものがすぐ見つかる仕組み
・すっきりした自分好みの景色

違う自分になることではありません。

頑張れない私を変える、家族に片づけるようになってもらう、これはけっこう難しい・・・
まずは解決したい問題点を現象から見つけましょう。

 
次から実際に、使いたいモノが見つからないという問題点を「捨てず」に解決した例をご紹介します。

 

片付け上手は分類から

片付け上手は分類から
この時にやったのは、
分類して「仲間」を集めて、家にある収納用品に入れて、ラベルをつけただけ。

捨てていません。

見つけやすくなったことで、
やりたいことがすぐにできるようになり、喜んでいただきました。

 
なぜ、分類から始めるといいのでしょう?

それは片付いていない状態とは、
違う「要素」が混ざっている事をいうからです。

図形でイメージするとこんな感じ。
片付け 分類
これを要素ごとに分類します。
例えば「色」という要素で分類するとこんな感じ。
片付け 分類 色
これでスッキリしましたよね。
でも、何で分類するかは、人によって違うのです。

例えば「形」でも分類できますよね。
片付け 分類 形
同じ「形」でも、こうしたい人もいます。
片付け 分類 形
何で分類するかの好みは人それぞれなのです。
ですからそれによっては・・・

あなたが分類Aの分け方で置いていたとします。
でも分類Cの感覚の人は、元に戻せなかったりするのです。
それだけの差なのに、お子さんに「なんでできないの!」って怒っちゃうんですよね。

 

実際の分類例 使用頻度と使用場面

実際の分類例 使用頻度と使用場面
先ほどの図形の分類のイメージを実際の家にあてはめてみましょう。
違う要素で分類すると・・・

今使っているもの
使っていないけどいるもの
使っていないけど使うかもしれないもの
よく使うもの
たまに使うもの
使ってないもの
この部屋で使うもの
この部屋で使わないけど置き場所が決まってないもの
ほかの部屋で使うもの

場所によりいろいろなパターンがあります。

 
例えばキッチン。

使いやすい場所である流しのそばの引き出しに、毎日使う菜箸と年に一度使うかどうかのワインオープナーとお客様用のお箸が入っていたりします。

これは、使用頻度と、使用場面が混ざっていますよね。

これを分けて、使いやすい引き出しに菜箸。
たまにしか使わないものを集めて吊戸棚に。
お客様用のものは、使う頻度に合わせて場所を決める。

というふうに、分類して仲間を集めて、置く場所を決めます。

今困っている問題を解決するために、必要な仲間に分ける。
それが片づける作業のファーストステップです。
けして、捨てるものを探すことではありません。

 

実際の分類例 現在・過去・未来

今までたくさんのお宅に伺って、その方に合った片付けかたを見つけてきました。
そのなかで、どんなふうに分けたらいいかわからないという方は、「今」「過去」「未来」が混ざっていることが多いです。

なので、まずはここを分けると判断がしやすくなります。
実際の分類例 現在・過去・未来

この大前提の分類ができていないまま、仲間集めをしようとしてもできません。
難しすぎるので、これでは誰もできないと思いますよ。

 

片付けは必ずできる!

片付けは、自分を大切にするスキルです。

書類がイメージしやすいと思うのですが、わかりやすく分類され、見つけやすくファイリングされていることで、覚えていなくてよくなり、ラクになります。

探し物がなくなることで、イライラしなくなり、使うものがすぐに出せることで、やりたいことをやるハードルがさがります。

気持ちに余裕ができ、時間の使い方に無駄がなくなったら、どうなりますか?

あなたの本来の力が発揮され、周りの人にやさしくなり、関係が変わります。

だから!片づけられなくて悩んでいるのなら、まずは一歩を始めてほしいんです!

必ずできます!だって、できることから始めるんだから。

応援してます!

 
コンサルティング型片付けアドバイザー 宇田川路代

【略歴】
宇田川路代(うだがわ・みちよ)
コンサルティング型片付けアドバイザー、元建築設計士。
独立後、子育てとの両立がうまくいかず、片付けができなくなる。それを克服した経験から、自分に合ったやりかたを自分で決めて自立する手段として、片付けを伝えている。
400人近い片付け相談では、仕事との両立を頑張る女性から「子供を怒らなくなった」「自分の時間ができて楽しくなった」「家族との関係が変わりました」と。講演会・セミナーは150回を超える。
ラジオ片付け相談「捨てたくなければ捨てなくていいよ」は2015年4月から担当(FM小田原)2020年4月から「やさしい片付けワンツースリー」(FM湘南マジックウエイブ)もスタートした。

資格をもっと活かすオリジナルメソッドの作り方と片付けられるようになるやさしい片付け
やさしい片付けレッスン講師     宇田川路代さんのブログです。最近の記事は「フェイスブックののっとりは「二段階認証」で防げます(画像あり)」です。

宇田川路代さんのインスタグラム