泣ける映画 韓国・韓流「世界で一番いとしい君へ」泣きどころと感想レビュー

泣ける映画 家族

今回の泣ける映画、韓国・韓流編は「世界で一番いとしい君へ」の泣きどころと感想レビューを紹介します。

夢を捨てて子供から大人になるしかなかったデスとミラの夫婦と、16歳にして80歳の体を持つ息子・アルム。

どうしようもない現実を突きつけられても明るさと希望を失うことなく、あまりに早く過ぎ去ってしまう時間を精一杯生きる3人の姿に胸を打たれること必至です!

絶対に泣きます!

主演はカン・ドンウォンとソン・ヘギョンです。

 

スポンサーリンク

泣ける映画 韓国・韓流「世界で一番いとしい君へ」のあらすじ

泣ける映画 韓国・韓流「世界で一番いとしい君へ」のあらすじ
ハン・デスとチェ・ミラはそれぞれテコンドーの選手とアイドル歌手を目指していた高校生カップル。

しかし、17歳にしてミラが妊娠してしまい夢を捨てるしかありませんでした。

それから16年後、
2人の間にうまれた息子・アルムは先天性早老症という老化が急速に進む病気の為に体は80歳の老人並みになっていました。

それでもデスはタクシー運転手、ミラは工場で働きながら3人でささやかな幸せを大事にして生きてきました。

 
そんなある日、ドキュメンタリー番組に出た事をきっかけにアムルの事が世間に知れ渡ります。

そして、アルムの元にイ・ソハという少女から一通のメールが届くのでした・・・

 

泣ける映画 韓国・韓流「世界で一番いとしい君へ」の泣きどころ

泣ける映画 韓国・韓流「世界で一番いとしい君へ」の泣きどころ
病気の為に人より老化が早く、16歳にして体は老人になってしまったアルムの表情や言葉が涙を誘います。

人並みの青春を送れず、周りから好機の目で見られても誰も恨んだりはしません。

ただ残り少ない人生を素晴らしいものにしようと懸命に生きる姿は、見る者に勇気と元気を与えてくれます。

「生きたいと思う時はいつ?」
と聞かれて、青い空に浮かぶ白い雲をみたり、子供達の声を聞いたりした時と答えるシーンも、思わず胸打たれてしまいます。

 
そんなアルムを心の底から愛し、時には理不尽な運命に押し潰されそうになりながらも笑顔を忘れないデスとミラ。

自分をこの世に生み出し一生懸命育ててくれ両親にただひたすら感謝するアルムの優しさ。

家族の温かさを思い出して涙せずにはいられません。

スポンサーリンク

 

泣ける映画 韓国・韓流「世界で一番いとしい君へ」の感想レビュー

「世界で一番いとしい君へ」には、たくさんの感想レビューが寄せられています。

はうんの感想・評価
知ってる俳優さんばっかりで楽しかった
内容も考えさせられる感じだったしいい親だなあって思った
心が病んだときにまた見たい
めちゃくちゃ泣いた

Ayukoの感想・評価
どんな子どもでも親にとっては一番大切でいとおしい存在だということを真っ直ぐに描き出していた。
ラストがわかっていても切なすぎる。
どのシーンにも暖かみがあって綺麗だったし子役の子の可愛らしさに癒された。

takahiroの感想・評価
カン・ドンウォンの泣く演技につられて泣いちゃう😢
デスのお父さんとのシーンと、アルムからソハに最期のメールのシーンがすごく良かった
とても優しく素敵な作品だった👍

すたぁの感想・評価
最初から最後まで涙が止まらなかった。
アルム役の子の演技の上手さ、アルムだけじゃなくて他の俳優さんたちもみんな演技派の人たちで、ストーリーも良くて、とっても良い映画。

JINGの感想・評価
色々な感情が重なり涙腺は崩壊。
また会いたくなる作品でした。

COOHの感想・評価
韓国作品はコミカルな会話劇と泣きのトーンが絶妙なバランスでどの作品でも涙腺をググッと刺激される。
どの役者もホントに悲しい&切ない演技するよね。

はるの感想・評価
良かった。
泣いてしまった。
父親の気持ちが痛いぐらい伝わった。

goemonnの感想・評価
泣かせてくれるわ韓国映画。
カン・ドンウォンとソン・ヘギョの若い夫婦もとても良かったけれど、この子役の男の子が素晴らしい。
この子の演技にマジで何度も泣かせてもらった。
泣ける映画は苦手だけど、観て良かったと思える秀作だとあたしは思う。

あんさーんの感想・評価
泣けた。ほんと泣けた。
悲しいよりもアルムの両親への
想いが素敵すぎて感動した!
ただ悲しいだけじゃなくて
笑いもあって 周りのみんなの愛が
あったかかった!

コロッケもごばの感想・評価
いやー、泣いたわ。
よかったわ。
ずーっと手元にあったんだけど、
忙しくて見れなかった。
ソン・ヘギョやカン・ドンウォン、キム・ガプスがキャストじゃ、下手な作品なわけがないでしょう。
ほんとーによくできてましたよこの作品。

45liの感想・評価
泣いた。凄く泣いた。。
強い両親の元に生まれた子供も強く逞しく
生きていて涙と笑いが止まらなかった!
周りの欲望に巻き込まれてしまう子供が本当に可哀想だった。

Makoの感想・評価
大大大号泣!!!鼻水やばかったな。笑
めちゃくちゃ泣ける、韓国映画!
ほんとにほんとに泣ける。いい話すぎた、。
辛くなるほどに、でも主人公が賢くて明るい男の子だから、、だからこそ逆に辛かったな😭
みんなにみてほしい。

梅ちゃんの感想・評価
若かった二人が、『生まれてくる子供が健康であればいい。』と言って微笑み合うシーンには、心から共感。親になる時、誰もがそう思うんじゃないかと思う。
コレでもかと泣かせにかかる演出に、そうは行くかと身構えつつも、結局は制作者の思うつぼ。

クァボチャの感想・評価
なんだこれは。
あらすじも見ずに、タイトルだけで録画したものだが、まさかこんな話だとは思わなかった。
今思い出しても涙ぐんでくるぐらい、みんな演技うまい。

Natsumiの感想・評価
ラスト40分くらいずっと泣いてた(というよりカン・ドンウォンが泣く→私が泣く→カン・ドンウォンが泣く→私が泣く、の繰り返しだった)
笑って泣ける韓国映画最高だなぁ

marの感想・評価
これでもか、と泣かせに来る映画だと分かっていたのに途中からずーっと泣きっぱなしだった…
ただただ悲しいだけではなく、笑えるところもあり、ほっこりするところもあり(そこでまた涙が出たけど)いい映画でした。

miyabiの感想・評価
全編に 作文、手紙、が 頻繁に出て来て。子供の両親に当てた文章。
泣かす、泣かす。
これでもかと言うくらい 泣かす。
最後は、やっぱりかと。

Pikochanの感想・評価
土曜の夜中に見るべきでは無い『子供』ネタ。
涙腺ユルユル、次の朝は腫ぼったい目、日曜日は外出出来ません。

 
「世界で一番いとしい君へ」はTSUTAYA DISACS/TTVの30日間無料体験で見る事が出来ます。
さあ、「世界で一番いとしい君へ」を見て泣きましょうか。

【TSUTAYA DISACS/TTV】