泣ける映画 邦画「くちびるに歌を」の泣きどころと感想レビュー

泣ける映画 友情

今回の泣ける映画、邦画編は「くちびるに歌を」の泣きどころと感想レビューを紹介します。

のどかで美しい長崎県・五島列島の、とある中学校で、コンクールに向け全力で練習に打ち込む学生と教師の、それぞれが抱える傷と葛藤を描いた「超」感動必至のストーリーに号泣します。

合唱に真剣に取り組む姿、そして歌の力は絶大です。
爽やかに泣きたい方、オススメです!!

絶対に泣きます!

アンジェラ・アキの名曲、「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」のテレビドキュメンタリーをもとに小説化され、2015年に映画化された本作。

また劇中で歌われる合唱曲はどれも耳馴染みのあるものばかりで、懐かしい!と思われる方も多いはず。

主演は、新垣結衣。

 

スポンサーリンク

泣ける映画 邦画「くちびるに歌を」のあらすじ

泣ける映画 邦画「くちびるに歌を」のあらすじ

新垣結衣が演じるのは、誰をも魅了する美しさを持ちながらもどこか心を閉ざしてしまったかのような冷たさを放つ音楽講師、柏木ユリ。

舞台である長崎県・五島列島の中学校に彼女が臨時職員として合唱部の顧問に着任したことをきっかけに、物語が動き出します。

もちろん、学校中の男子学生は大騒ぎ。
合唱に興味のない生徒が次々と入部し、揉め始める合唱部。

そんなことを微塵も気に留めない様子の柏木先生はコンクールに向け、曲への理解を深めるために「15年後の自分に手紙を書く」という課題をみんなに出します。

そして次第に、それぞれの生徒が抱えている葛藤や秘密、そして柏木先生の過去があらわになってゆき‥。

 

泣ける映画 邦画「くちびるに歌を」の泣きどころ

泣ける映画 邦画「くちびるに歌を」の泣きどころ

描かれている人物全員、一人一人がなにかと葛藤しています。
それはみんなの問題ではなく、あくまでも自分だけのものです。

劇中それぞれの傷が描写されるたびに胸が締め付けられ、じわじわと涙が込み上げてきます。

 
先生の柏木ユリ(新垣結衣)は何か理由があり、ピアノを弾きません。

それはなぜなのでしょうか、物語中盤で語られます。

そうして先生がついに鍵盤に指を乗せた瞬間のシーン描写は、信じられないくらいに爽やかなのに、信じられないくらい泣けます…!

 
そうして次々明らかになる生徒たちの思い。

そうして最初はバラバラだった、先生と生徒たちが練習を経て想いを通わし、それぞれの想いを胸に合唱という形で1つになるクライマックスには嗚咽が止まりません!

コンクール舞台上で曲に入る直前に先生がみんなに言いかける一言はどこまでも優しく美しいです。

 
またこの映画を語る上で外せない合唱曲「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」の歌詞も素晴らしく、この映画を見た人すべてを肯定し、優しさで包み込んでくれるでしょう。

スポンサーリンク

 

泣ける映画 邦画「くちびるに歌を」の感想レビュー

「くちびるに歌を」には、たくさんの感想レビューが寄せられています。

miiの感想・評価
五島列島の綺麗な景色と子供たちの合唱が純粋で素敵。
「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」は泣ける。
最初はツンなユリ先生(ガッキー)の表情が柔らかくなっていくのがかわいい、笑ってると嬉しくなってしまう🥺♥️笑

Tinaの感想・評価
先生も生徒もそれぞれの問題に向き合って前に進もうとしている姿、合唱の「手紙」、最後の歌に感動した。桑原くんがけなげで純朴すぎた。
手紙いい曲だな

Sakurakoの感想・評価
この曲を聴くと当時の悩みとか葛藤とか自分の姿が鮮明に蘇ってきて無条件に泣けてくる。
今考えれば小さいことで悩んでたな〜と思うけど当時の自分からしたら本当に狭い世界にいたしその時の自分なりに精一杯悩んでいたんだな〜と思う。
五島列島の穏やかさとこのストーリーがマッチしていてとてもよかった。

ミスト君の感想・評価
いつ観ても元気をもらえる映画。
大好きだなぁ、この映画。
合唱の「手紙〜拝啓一五の君へ」を聴くと泣けてくる。
2019初泣き。

Asukaの感想・評価
合唱もんかーて思って観てたけど、
15の君へ、歌ってる場面ではなんとも言えない感情が湧いてきて胸がぎゅーとなって泣けた。
何も考えず感動してました。

ドーナッツの感想・評価
泣きました。。
人は時々、何の因果か、難しい宿命を背負う場合があるんだと思う。
その割合はわからない。
ナズナもサトルも元々背負ってる子どもたちだった。
柏木先生は人生の途中でぶち当たった。
辛いことと嬉しいこと、せめて半分ずつであってほしい。
明日を待てる、15年後を楽しみに待てる、そんな希望が持てる作品でした。

かめちゃんの感想・評価
サトルの手紙のところから、ずっと泣き通しだった。
生きる意味って何だろう。
誰かに必要とされたい。
そうもがいていた自分と彼らの心が重なって、涙が止まらなかった。

marcoの感想・評価
五島列島の美しさよ
改めて行きたくなった
歌はいいな、歌は。
最後涙止まらんかった。

swの感想・評価
「ガッキー大好きだから観てみよう!」
…なんて、まったくもって動機不純でしたが、ぼろぼろ泣きました。
大切な作品がひとつ増えました。

Sumikaの感想・評価
若くて、青くて、一生懸命な歌声がまっすぐ心に沁み入りました。
何気なく見始めたのに、たくさんたくさん泣かされてしまった。とても良かったです。

mapinの感想・評価
サトルが未来の自分に宛てた手紙をお兄ちゃんと帰りながら朗読のナレーションが流れるところ、
ナズナが天主堂に父親を探しに行くところ、、、
中学生なのにいろんなことを悟りながら生きている2人。
感動とかじゃなくてただただ涙が止まらなくなる、、。

はるの感想・評価
後半泣き過ぎて辛か!!!

まゆどんなの感想・評価
合唱に弱い〜ゲキヨワなのよ…
なんか知らんが涙出てくるわ
自閉症のお兄ちゃんと弟くんが凄く良かったですね

まるの感想・評価
良かった。久しぶりに泣いた。
みんなそれぞれ苦しくてつらくて、どうしようもないことがいっぱいあって…
葛藤が、思いが、希望が、美しい調べにのって響いて。
合唱っていいなあ。

satokoの感想・評価
真っ直ぐなストーリーだからこそ、涙をこらえきれない。
自閉症の兄がとても重要な役回り。
彼の言動を始めとする伏線、最後のシーンに涙腺崩壊。
渡辺大知さん、最高です。

ピッコロの感想・評価
そして、なんなのー。このラスト。
号泣すること間違いなし!。
一人のために、みんなで力を合わせる。
人の優しさが胸にしみる。
さてさて、ガッキーのツンデレからのとびっきりスマイルは・・・。

Nanaseの感想・評価
合唱部の青春物語。
泣けるし、なんといってもガッキー可愛い😍

AKANEの感想・評価
とてもよかった。
久しぶりに咳でるほど泣いた。
精神が健康なときにみるのがおすすめ。
純粋な気持ちで号泣できる。
15歳って、幼くも、美しい

rinkyの感想・評価
なんとなく見始めた作品だけど、最後の伏線回収にぼろぼろ泣いた。

 
「くちびるに歌を」はU-NEXTの31日間無料体験で見る事が出来ます。
さあ、「くちびるに歌を」を見て泣きましょうか。

U-NEXTで無料で見る