泣ける映画 洋画「きっと、星のせいじゃない。」の泣きどころと感想レビュー

泣ける映画 恋愛

今回の泣ける映画、洋画編は「きっと、星のせいじゃない。」の泣きどころと感想レビューを紹介します。

心が浄化されるほど泣ける…!
これまでにないタイプの”爽やかな”闘病映画。

生きる力を与えてくれる名言だらけの傑作です

絶対に泣きます!

主演はシャイリーン・ウッドリー。

 

スポンサーリンク

泣ける映画 洋画「きっと、星のせいじゃない。」のあらすじ

泣ける映画 洋画「きっと、星のせいじゃない。」のあらすじ

13歳から白血病で闘病しているヘイゼル。

学校に通えず、友達もできず、酸素ボンベを持ち歩きながら繰り返すのは同じ毎日。

そんなある日お母さんから、
病院の先生に勧められたガン患者サークルに無理やり連れて行かれます。

 
そこで出逢うのが同じく闘病中で義足の持ち主、ガス(オーガスタス)。

ガスは知的で芯のあるヘイゼルに一目惚れ!

意気投合して二人は自然と恋に落ちていきます…

 
入退院を繰り返し、不調が続くヘイゼルが生きているうちに絶対に叶えたいこと。

それはヘイゼルの大好きな本『大いなる傷み』の続きを作者に聞くこと。

それを知ったガスは、オランダに住む本の作者ピーター・ヴァン・ハウテンに会いに行けるようアレンジを試みますが…

 
重病を患う2人がそれぞれの見方で死と生と向き合いながらも、今を爽やかに生きているー限られた時間の中に”無限”を見つけられるような人生を生きる。

そんな2人にすごく勇気付けられる、恋愛映画や闘病映画という言葉では語りきれない作品です。

 
主人公カップルを熱演するのは『ダイバージェント』に出演したシャイリーン・ウッドリー(ヘイゼル)とアンセル・エルゴート(ガス)。

その脇をローラ・ダーン、ウィレム・デフォーら実力派が固めるという、実に豪華なキャスティングも魅力の一つです。

 

泣ける映画 洋画「きっと、星のせいじゃない。」の泣きどころ

泣ける映画 洋画「きっと、星のせいじゃない。」の泣きどころ

出逢えたことで、恋愛、そして生きている今を謳歌する二人の姿が本当にキラキラしています。胸キュンシーンもたくさん。

キュンキュンしながら泣かされるシーンも。

とにかく2人に起こる出来事一つ一つに自然と引き込まれて感情移入してしまうのです。

ただし、ありがちないかにも泣かせようとするシーンがあまり出てこないのが、この作品の素晴らしいところ。

 
泣けるポイントはあげるとキリがないのですが…

まずは、優しくて軽妙な音楽。
音楽はエド・シーランやチャーリXCX、バーディー等、
多数の著名アーティストが提供しています。

ちなみに日本版はAAAの”Lil’ Infinity”。

どの曲の歌詞も映画の内容とシンクロして沁みます…
観終わった後に、ぜひともサントラを味わってください。

 
次に洗練されたセリフ。

原作者のジョン・グリーンは青春モノの天才!
一言ひとことが沁みるというか、知的でセンスがあるというか、メモしたくなるのです。

 
そして、なんといってもコメディ要素。

観ている人をクスッと笑わせてくれるシーンがたくさん散りばめられています。

単純に笑えるシーンもあれば、皮肉たっぷりで、その裏に登場人物の苦悩が想像できてしまったり…。

奥が深いユーモアもこの映画の魅力です。

 
切なくてどうしようもなく泣けるのに、心が温まるようなちょっと清々しい気持ちになれるポジティブな作品なのです。

こんな映画、今までにあったでしょうか?!

題名も色々と考えさせられます。
何せ邦題は原題と真逆の意味。

“The Fault in Our Stars”と星のせいだと言っているのですから。

何度観ても味わえる、むしろ観ればみるほど味わえます。

 
夜にまったりご覧になってはいかがでしょう?

ただし次の日の朝に予定がない夜をお勧めします…!
顔が本当に腫れるので。

スポンサーリンク

 

泣ける映画 洋画「きっと、星のせいじゃない。」の感想レビュー

「きっと、星のせいじゃない。」にはたくさんの感想レビューが寄せられています。

TAMAMIの感想・評価
何回も観た
涙涙
病気を受け止めて過ごす生活の中で恋をして楽しいのに切ないーー
大好きな人と過ごせる時間ははほんとに大切にしないとだめ!!
OK
彼らの合言葉が素敵。

Akariの感想・評価
これはとても泣ける映画です。
美しくてとっても優しい恋愛物ですが、まさかの展開に涙が止まりませんでした。
これは見たほうがいいと思います。

hikarouchの感想・評価
良かった。また飛行機内で泣いてしまうという。。
(2014年鑑賞時の殴り書き)

KahoKochiの感想・評価
本当に泣ける作品。
なんでこんな理不尽な仕打ちをするのかと神に問いたくなる映画。
オランダのアンネフランクの隠れ家には行ってみたい!

Yの感想・評価
お互いガンと病名のついたヘイゼルとオーガスタス。
恋に落ち、支え合いながら生きていく物語。
結末はわかってるけど、涙が止まりません。
本当に素敵なお話。
観終わったあと目が腫れてる。

おりなの感想・評価
身体に爆弾を抱えている、ヘイゼルとオーガスタスの物語。
出会うべくして出会った2人なんだなって思う。互いにたまに見せる弱い自分に…😢
カメラワークも演出も挿入歌も全部泣かせられまくり。
“okay…”に2人が言いたい事全てが込められている気がした。

みっちゃんの感想・評価
邦題だけで何となく敬遠してて見てなかったけど、Ed Sheeranの主題歌に惹かれて鑑賞。
結果、号泣。
今年一泣いた…

Chikaraの感想・評価
最後で号泣。
周りの人をもっと大切にしようと思えた、もちろん自分も。

りかこの感想・評価
映画館観に行って号泣した😭
まさかの展開で、今思い出しても胸が苦しくなる😭

タツキの感想・評価
2回目。
やっぱ超いい映画だと思う。
このお話だと小説の方が映えるとは思うが。
主演の2人が素晴らしい。

yoookoooの感想・評価
飛行機で軽い気持ちで見て大号泣。
生きている時を大切にしたいと思った。

Kenの感想・評価
本当に本当にいい映画だった。
いい映画ってのはこういう映画のことをいうんだねって思った。
好きな人との電話は時間を忘れること
好きな人のことをついつい見つめること
そして、愛してる人を亡くす恐怖と絶望。
自分と重ねれば重ねるほど寂しく、悲しくて涙が出る。
でも、愛してくれている人
愛してる人がいるということがどれだけ幸せで大切なのかということに気づける映画だった。

ayakaの感想・評価
いろんな人の思いや人生があってとにかく泣けた。
葬式は生きてる人のためってすごく納得。
人生傷つくこともあるけど傷つけられる相手は選べる。
音楽がマッチしてるところも好き。

もちの感想・評価
泣いた。。。
100万人に愛されるより、1人に愛された方がいい。

おおやの感想・評価
何回観ても涙、、、
けど悲しいだけじゃなくてあったかくなれる映画。
アンセルくん肌ピチピチツヤツヤ、そしてすっごく良い子。

Hiの感想・評価
すごく良かった
泣いた
言葉が良かった
考えさせられた
愛と死の物語はほんと泣ける
愛するって素晴らしいことだと思った
すごく好きな人ができるって素敵
今をめいいっぱい生きたいと思う

mayuの感想・評価
今まで観た映画で一番泣いた。
風景も挿入歌も最高にエモい。
最後のスピーチは涙なしには聴けない。
もう一回観たい。

 
「きっと、星のせいじゃない」はU-NEXTの31日間無料体験で見る事が出来ます。
600ポイントもらえるので実質無料です。

さあ、「きっと、星のせいじゃない」を見て泣きましょうか。

U-NEXTで無料で見る